2017年11月11日

あれあれ「じゅんぞうくん、肩こったの?」


あれあれ「じゅんぞうくん、肩こったの?」


あっという間に午後になってしまいました!

昼食も、時間がとれず「牛丼」の店へ・・・
いつも行く牛丼屋さんでないので、つい、
「つゆだくねっ!」というのを忘れ・・・

あとからでは、言いにくいですもんね〜

速く食べられないので、目のまえにあった
「カルビのたれ」なるものと七味とをかけた
ら、理想ともいえる味になりました。

今度もそのようにしよう・・・っと!!

DSCN2925海ほたる002海底トンネル掘削用カッターフェイス.JPG

牛丼は安い食事の代名詞のようでしたが、
最近はメニューも増え、特盛でなくても千円
近くになることもあります・・・ビールなど
頼まなくてもです・・・



ぼく肩が凝らないという話題から数か月・・・

最近、「気苦労」が多いせいか、どういう
わけか肩と首筋が凝ってき始めたのです!

エネルギー整体の先生・・・肩にたまにしか
触らず、何もしていないような時間が・・・

あれ?あれ??へんだぞ???



ところが、どんどん肩こりがとれていくでは
ありませんか・・・

本当は、凝った部分に手を当てたり、もんだ
りしなくても、いいそうなんです。

でも、それでは、納得がいかない!?という
お客さんもいるので、たまに手を当てたり
軽くもんだりする・・・ な〜る ほどっ!!

そんなもんでしたか・・・(妙に、納得!!)
すっかり楽になって、帰りました。



前からお世話になっている「気功」の先生
もいらっしゃいます。もう、何度お世話に
なったことか・・・

先生には別に(風邪のような)「お熱」は
なくても、手を当てていただくだけで、肩や
首筋、腎臓肝臓などの、比較的疲れている
部分、いわゆる「患部??」が、アツイ!!

いつも、十数秒で熱波を当てられたのごとく、
熱くなってきます。

施術中の先生の手は、まるでこたつの中に
いる猫のようです!!! 温かい・・・!
本当に不思議なものです!!



ところで、不思議に思いました・・・

各停の電車を追い越す「急行」・・・

駅を通過して追い越さないで、止まってくれ
れば、急行に乗れるのに・・・

でも、利用客のためもっとすっ飛ばしたい、
とか、ダイヤ上のやむなきいろいろな理由が
あるのでしょう!



今日乗った、渋谷を出て、池袋に向かう
東京メトロ「副都心線」・・は、さらに疑問
がつきまといます!!

なぜ、新宿三丁目の一つ先の、どちらかと
いうと古くからの都民にとっては、マイナー
な駅(失礼っ!!比較上のハナシでお許しを
・・・)の「東新宿」で通過待ち合わせ・・・

それも、上記のように急行は通過!!!して
しまうんだろう???

新宿三丁目なら、歌舞伎町でもJR新宿でも
西武新宿にでも、あの大きな本屋さんにも、
いろいろなところにすぐに行けるのに・・・



新宿三丁目に追い抜ける上下で4線構造に
しない理由「単なる通過退避駅」にしたその
理由は、新宿三丁目の地下がすでに「混雑」
していたからなんです・・・

丸ノ内線と都営新宿線と多くの人が通るコン
コース、お店が並ぶ地下街など「先客??」
があって、それがネックになったとのこと!

副都心線と交差している東京メトロ「丸ノ内
線」や「都営新宿線」との限界的は「構造上
の境」は、わずか数センチ程度のところも
ある・・・と聞きました。



では、仮に、新宿三丁目駅ではなく、東京
メトロの東新宿駅なら全て解決する問題だっ
たのだろうか・・・?

都営大江戸線や駅の付帯設備があるため、
東新宿駅も上下線で、上と下の2層構造・・・

明治通りの下を通っているので、道路の両側
の建物の杭とか、生活のための共同溝、上・
下水路などの障害が多い・・・今の、地下深く
で、上下2層の構造は、用地買収もスムーズ!

立体的な構造が「芸術的」「機能的」な完成
像で、満足すべき結果なんだそうです!!!



六本木の大江戸線の深さにびっくりした
じゅんぞうくん・・・東京って、ほんとうに
混んだ街なんだねって、改めて思いました。

まあ、有事の際には、地下鉄に懐中電燈と
食糧と携帯トイレをもった人が何十万人も
入れそうですが・・・

果たして、解放してくれるのかな???

鉄道会社にあらかじめ確かめたい点でもあり
ます・・・と書いてマウスを置きます!!



すっかり肩と首筋のコリが解けました・・・

みなさんも、肩を回し、気功とかマッサージ
とかエネルギー整体で、肩こり皆無の明日を
迎えましょう!!!



今日のフォト

 海ほたるにて

 海底トンネルを掘削(くっさく)した
 カッターフェイスが記念に残されて
 います。海ほたる、通過したり、食事
 だけでなく、見学すると出会えます!






























posted by ジュンゾワット at 23:37| Comment(0) | 不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。